親子間売買・親族間売買とは?親子間・親族間・兄弟姉妹間など家族間での不動産売買となりますが、住宅ローンを利用する事が困難な売買です。 解決する対応策を住宅ローン専門家が無料相談 受付中。
任意売却コラム

親子間売買が選ばれるのはどんなとき?

親子間売買は、競売阻止や相続税対策などの目的で選ばれる!? 【親子間売買の主な理由】 「住宅ローンが払えなくなったとき」「相続税対策で」「老後の生活資金のための投資不動産」 【親子間売買の手続きで気をつけること】 親子間 …

親族間売買の相談は不動産会社?司法書士?

親族間売買は、どちらかというと不動産会社のほうが相談しやすい! 『不動産会社のほうが幅広く対応』 不動産会社への依頼が必須なケースもある。また、任意売却であればその専門家への相談がベスト。 『対応してくれる司法書士事務所 …

競売を防ぐための「親子間売買」「リースバック」

競売を防ぐための方法として、親子間売買とリーズバックがある。 【親子間売買】 親子間売買のポイント。住宅ローンの審査が厳しいなど注意点もしっかり説明。 【リースバック】 信頼できる第三者に売却してそのまま住み続ける方法。 …

兄弟間売買が起こる 2つのケースは?

兄弟間の不動産売買は親子間売買と同様に扱われる。 そのため、融資利用などのハードルも高いといった前提の紹介と、兄弟間売買が発生するケースの紹介。 「遺産分割で取得した不動産の売買」 「不動産持分のみの売買」 詳しくは、『 …

言い値はNG? 親子関売買の「みなし贈与」にご注意!

親子間売買では適当な価格での不動産売買を行っても良い様に思える(言い値での取引が起こる可能性がある)が、これだと相続税の抜け穴として利用される可能性がある。 その対策として、適正な価格との差額分が「みなし贈与」となり、相 …

親族間売買の問題点とは?

【親族間売買の問題点を明らかにして、正当な取引を促す】 『親族間売買は、相続や贈与と関係あるの?』 銀行側は、親族間売買を相続税対策とみて、融資をしぶる傾向にある。 『親族間売買で大切な、適正価格での取引』 税務署からみ …

親子間売買のメリットとデメリット

【一見何も問題なさそうだが、不都合も多い親子間売買に関する情報を周知】 親子間売買とは? 親子間売買に至るケース、ほかの売買との違いなどを解説。 親子間売買のメリット・デメリット メリットは、住み続けられること。デメリッ …

住宅金融支援機構 (旧住宅金融公庫) の任意売却手続きについて

独立行政法人住宅金融支援機構から住宅ローンの借入をされている方で、住宅ローンの延滞が6回以上になると、強制的にご自宅を売却(任意売却または競売)しなければなりません。   住宅ローン支払いが出来ず『ご連絡』『督 …

住宅金融支援機構 (旧住宅金融公庫) の住宅ローン払えない方へ

旧住宅金融公庫、現在の独立行政法人住宅金融支援機構では、住宅ローン返済中に起こる様々な変化(リストラや会社倒産等による収入減や病気・離婚に伴い支払いが困難など)に柔軟に対応するため、ホームページにて『住宅ローン返済方法変 …

PAGETOP