親子間売買では適当な価格での不動産売買を行っても良い様に思える(言い値での取引が起こる可能性がある)が、これだと相続税の抜け穴として利用される可能性がある。
その対策として、適正な価格との差額分が「みなし贈与」となり、相続時が課税される可能性がある。
税務署も親子間売買には厳しくチェックを入れているので、たとえ親子でも不動産売買の際には、なあなあにできないといった内容を解説。

詳しくは、親子間売買のお役立ち情報 をご確認下さい。

言い値はNG?家族関売買の「みなし贈与」にご注意