親子間売買をすることで引っ越しせずに住み続けることができた。

私はリストラに伴って仕事を失い、住宅ローンが滞納したことで、競売開始決定通知が裁判所から届いて競売までを待つしかない状態にいました。

それでも他に何か方法はないかと思い、ネットで調べていたところ任意売却相談室(親子間売買.com)を知ってすぐに電話で相談をしました。

家族の中では、慣れ親しんだ家に住み続けたい、生活環境は変えたくないので引っ越しはしたくない、との思いが強くそのあたりの要望を中心にお伝えしました。

ワコー・コーポレーションさんからは、同居する長男が社会人で収入もそれなりにあったことから一つの解決方法を教えていただきました。それは長男(30代)に新たに住宅ローンを組んでもらう【親子間売買】というもので、私達家族の要望を叶えられる方法でした。

そして、競売開始までの時間も少ないため、すぐ銀行へ行き長男の住宅ローンの審査をまとめて、期日寸前での競売取り下げができ、これまで通りに自宅を競売することなく住み続けることが出来たのです。

まさか【親子間売買】という方法で、引っ越しをせず住み続けることができるとは思ってもいませんでした。

この解決方法をご案内していただいた、ワコー・コーポレーションさんには家族ともども感謝しております。
本当にありがとうございました 。